賢いカップルのための結婚式準備ガイド 席次表編

お得に購入♪賢く節約!思い出に残る結婚式の席次表ナビ

第一位

ビースクエア

ビースクエア

無料サンプル数:★★★★★
価格:★★★★★
バリエーション:★★★★☆
特典・サービス:★★★★★

席次表のサンプルを見る

第二位

ファルベ

ファルベ

無料サンプル数:★★★★☆
価格:★★★☆☆
バリエーション:★★★★★
特典・サービス:★★★★☆

席次表のサンプルを見る

第三位

プリマージュ

プリマージュ

無料サンプル数:★★★☆☆
価格:★★★★★
バリエーション:★★★☆☆
特典・サービス:★★★★☆

席次表のサンプルを見る

HOME » 結婚式の席次表づくりの基礎知識 » 肩書き・敬称の書き方

肩書き・敬称の書き方

披露宴の席次表に入れる家族、友人、会社関係等招待客の肩書きや敬称の付け方について、そのマナーを解説しています。

席次表の肩書き・敬称の付け方

注意点としては、地域によって「肩書き」の書き方が異なることもあるので、式場の方やご両親などに確認することが大切です。

また、敬称に関しては、通常ゲストには「様」、恩師や医師には「先生」を使用します。

新郎新婦の家族には、敬称を付けません。ただし、姓が異なる家族については「様」を使います。子供には「くん」「ちゃん」を使うのが一般的なようです。

家族・親族

※「伯父(親の兄)」と「叔父(親の弟)」など、父母の兄弟の漢字は間違いやすいので注意が必要です。

会社関係

※会社関係の肩書きを記載する場合、会社名(正式名称)、部署、役職を入れます。名刺に記載されている通り、現職の役職を間違いなく記載するように注意しましょう!

友人等

その他

時代の流れに合わせて臨機応変な肩書きを

かつては、会社名や職位まできちんと書き添えるのが常識でしたが、昔と比べると、席次表に入れる肩書きも堅苦しいものではなくなってきています。

それは、時代の変遷で働き方も変わってきて、転職を繰り返したり、派遣会社勤務で上司・同僚の定義が曖昧、というようなことが増えてきているからです。

こういった場合、「新婦(新郎)上司」のように、本人とゲストの間柄が分かる程度の肩書きに留めても差し支えありません。

ただし、仕事関係のゲストがメインの披露宴の場合は、職場名・役職まできちんと略さず記載するのがマナーです。

主賓についても、同様に対応しましょう。いずれにせよ、ケース・バイ・ケースで、披露宴の出席者に合わせて書き方を考えることが重要になります。

印刷前に必ずダブルチェック!

1文字でも間違っていると大変な失礼にあたるのが席次表です。

印刷をする前には、目を皿のようにして、厳重にチェックをしましょう。

特に、会社関係、主賓については見落としの無いように気を付けなければなりません。

また、親族に関する名前や肩書きは、両家の両親に確認してもらうと良いでしょう。「伯父(親の兄)」や「叔父(親の弟)」の書き分けなど間違いやすいので、要チェックです。

名前の漢字は、知っているつもりでも意外と思い込みで間違っていることも多いので、年賀状等で見返しておきましょう。

家族はホスト側なので敬称は付けませんが、例えば姉が結婚して苗字が変わっている場合は、他のゲストのように敬称を付けるのが一般的です。 

 

結婚式の席次表が購入できるネットショップリスト

結婚式の席次表づくりの基礎知識

必見♪席次表づくりのアイデア集