賢いカップルのための結婚式準備ガイド 席次表編

お得に購入♪賢く節約!思い出に残る結婚式の席次表ナビ

第一位

ビースクエア

ビースクエア

無料サンプル数:★★★★★
価格:★★★★★
バリエーション:★★★★☆
特典・サービス:★★★★★

席次表のサンプルを見る

第二位

ファルベ

ファルベ

無料サンプル数:★★★★☆
価格:★★★☆☆
バリエーション:★★★★★
特典・サービス:★★★★☆

席次表のサンプルを見る

第三位

プリマージュ

プリマージュ

無料サンプル数:★★★☆☆
価格:★★★★★
バリエーション:★★★☆☆
特典・サービス:★★★★☆

席次表のサンプルを見る

HOME » 結婚式の席次表づくりの基礎知識 » 席次の決め方

席次の決め方

結婚式の席次表における上座・下座の位置やグループ分けの方法など、席次配置の決め方についてご紹介します。

基本的な席次のルール

席次表は、披露宴の出席者が確定した後に作り始めます。

万が一招待状の返事がもらえなかった場合には、電話等で必ず出欠の確認を取りましょう。

出欠の返信があった時点で、「家族」「親戚」「主賓」「先輩」「同僚」「友人」などある程度グループ分けをしておくと、配置をする時便利です。

また、最近はテーブルがランダムに配置されたレストランや、会場によって上座・下座の位置が一般的な形と異なる場合もあるので、席次表を作り始める前に必ず式場の担当者に確認を行うようにしましょう。

上座と下座の基本位置

新郎新婦が座る高砂席に最も近い席が「上座(上席)」、出入り口に近く高砂から最も遠い席が「下座(末席)」となります。

新郎に近い側に新郎の関係者、新婦に近い側に新婦の関係者が並ぶように配置を考えます。

上座の席から下座にかけて、(1)主賓(勤務先の役員・恩師など)(2)目上の方(勤務先上司)(3)勤務先や学生時代の先輩(4)友人・同僚(5)親戚(6)家族の順に席を並べましょう。

子供の頃からお世話になってきた親戚や成長を見守ってくれた両親に近くで見守ってもらいたい、と思う方もいらっしゃいますが、一般的には両親はホスト側となるので、席は末席となります。

同じテーブル内での上下の考え方は、やはり新郎新婦に近い席が上座となり、内側の席ほど上位にあたるので、そのように配置しましょう。

右方上位の考え方について

右側が上位に当るという考え方です。結婚式では挙式中、写真撮影や移動などもすべて高砂から見て新郎が右側、新婦が左側の位置に並びます。

養子縁組や婿養子の形式の場合は、婿を取る新婦側を上位と考えて左右の並びを逆にすることもあります。

古くからのしきたりを重んじるゲストの方も多くいらっしゃるので、ゲストが不快な思いをしないよう気を付けなければなりません。

特に主賓や会社関連の席には配慮しましょう。テーブルごとにゲストの人数が異なることは問題ないので気にする必要はありません。

席次のアレンジ術

一般的な席次のルールに沿うことは大切ですが、全てのゲストが心から楽しみ、新郎新婦を祝福できる空間を作ることが、披露宴においては何より重要です。

ゲスト同士の相性や関係性を熟慮し、時には臨機応変に席順を工夫する必要もあるでしょう。

完成品のレイアウトができたら、一度ゲスト視点から席次表をチェックするようにしましょう。

なによりも、くつろいだ空間で祝福してもらえることが1番。ゲスト同士の相性なども考慮して、席順を工夫しましょう。

新郎新婦がちゃんと見えるのかといった点や、失礼がないような順番か等をよく確認しましょう。

また、どうしても両親に近くの席に付いてもらいたい場合、前もってその旨を司会者に説明してもらうことも一つの方法です。
きちんと説明することで、ゲストが席次の意味合いを理解し、不快な思いをするリスクを減らすことができます。

最近では、高砂の横に家族の席を設けたり、新郎新婦と両親が一つのテーブルに付く形式なども取り入れられており、ゲストの側も寛容に受け入れてくれることが多い風潮です。
ただし、その場合、ホストは両親でなく新郎新婦、という形を明確にし、招待状の差出人の名前も新郎新婦で出すなどの配慮が必要です。

当日お2人自身が楽しみ、ゲスト皆が和やかな雰囲気で臨める理想の披露宴を行えるよう、ベストな席次表を準備しましょう!

 

結婚式の席次表が購入できるネットショップリスト

結婚式の席次表づくりの基礎知識

必見♪席次表づくりのアイデア集